大学教科書・専門書・医学書・薬学書,短期大学・専門学校教科書 買取

買取を申し込む

卒業に伴う賃貸マンションの退去手続きについて

いよいよ年が明け、卒業シーズンが近づいてきました。
一人暮らしの方は、卒業・就職を機に引越しされる方が多いと思います。
ここでは、賃貸マンションの解約や引越しに関わる電気・ガス・水道の解約に関しての届け出について少し触れます。
賃貸物件の契約解約から敷金返還までの一般的な流れ
1.解約意思の通知、ライフライン関連の手続き
引越しが決まったら、解約の意思と退居日を、管理会社または大家さんに伝えましょう。一般的には退去日の1か月前までに申告しましょう。
電気や水道、ガスのライフライン関連は、旧住所管轄の事業者に、電話やネットから、退居日を連絡しておきます。
2.退居当日の立ち合い、鍵の返却
退居当日、借主立ち合いのもと、管理会社や大家さんが室内の状態や破損の有無などの確認をおこないます。
確認終了後、忘れ物をチェックし、鍵や備品類を返却してください。
3.原状回復費の確認
数日〜数週間後、退居当日におこなった立ち合い確認の結果をもとにした原状回復費用の見積もりが送られてきます。
内容を確認し、問題無ければ合意の旨を伝えます。請求された原状回復費用について疑問に思うことがあった場合は、合意する前に、不動産や大家さんに確認するようにしてください。
4.敷金返還
借主と管理会社(または大家さん)の双方が原状回復費に合意した場合、指定した口座に、入居時支払った敷金から現状回復費用を差し引いた金額が振り込まれます。
電気・ガス・水道の使用停止・開始の手続き
引越しの際に忘れてならないのが、「電気」「ガス」「水道」の使用停止・開始手続きです。これらの手続きは、引越しの1~2週間程度前から始めるのが基本。引越し当日には、旧居のライフラインがすべて使用停止され、新居では問題なく利用できるよう、計画を立てて手続きをしましょう。
使用停止・開始手続きは、電話またはインターネットで申込出来ます。
電力会社・ガス会社や水道を管理する市町村によって事前に申込出来る期間が異なりますので引越し日が決まり次第ご確認ください。
またガスなど引越し直前過ぎると対応出来ない場合もあようですのでご注意ください。
余裕を持った申込が肝心です。
教科書・専門書買取テキストポン次郎

卒業時の引越しは↓

新生活の物件探しは、↓

買取を申し込む